南浦和の歯科 おおしろ歯科医院

矯正歯科

矯正歯科治療
乱れた歯並びは見た目はもちろん、虫歯、口臭、歯槽膿漏や発音、噛み合わせにも良くありません。
またキレイな歯並びは自信を生み出します。
矯正治療の開始時期は人それぞれ違います
矯正歯科治療矯正歯科のパンフレットでは、長年の治療経験にもとづき歯ならびと治療開始年齢について解説されていますが、治療開始年齢は多少前後することもありますし、成人の方も矯正治療は可能です。
歯並びについて少しでも気になることは、当院の先生にぜひ相談なさってください。
相談から治療まで
治療期間は虫歯の治療と違い、少なくとも1~2年はかかります。
通院は月に1回程度ですから忘れずに通い、早く治しましょう。

STEP1 相談
気になる部分に関してのご相談や治療の流れについてご説明いたします。
ご相談の際の料金は無料となっております。
STEP2 精密検査
レントゲン写真、歯の模型制作、口の写真撮影を行います。
STEP3 治療開始
検査結果、治療方針(歯を抜くかどうか等)、治療期間、治療費用 のご説明をいたします。その後治療開始となります。
矯正治療例
うけ口(反対咬合)
小学校入学頃になると、大人の前歯が生えてきます。
この時期に普通とは反対に、下の前歯が前に生えてくることがあります。
このままにしておくと、前歯がぐらついたり、下あごが成長しすぎて顔の変形が起こることもありますので、なるべく早めに治療するのがよいでしょう。

下の写真の例では、治療前は下の前歯に悪い力が加わり、歯がぐらつき歯肉が下がってしまっています。
治療をし、前歯が良い咬み合わせになりました。
受け口(反対咬合)


出っ歯(上顎前突)
前歯が生えてしばらくすると、上の歯が目立つことに気がつくことがあります。ボールをぶつけて歯が折れることや、唇を切ることもあります。
放っておくと、前歯がもっと前に出ることもあります。
矯正治療を行うと前歯が下がり、口元もきれいになります。

下の写真の例では、前歯が出てしまい歯肉の状態も悪くなってしまっています。
治療をし、前歯が下がり咬み合わせもよくなりました
出っ歯(上顎前突)


開咬
奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わず、開いていることがあります。
食べ物が咬みきれなかったり、発音で息がもれることもあります。
これは指しゃぶり、舌を出す癖、口で呼吸する癖なども原因となります。

下の写真の例では、奥歯が咬んでいるのに前歯が咬み合っていません。
治療をし、前歯が咬み合う様になりました。
開咬


八重歯
小学校高学年から中学生にかけて、大人の奥歯が生えてきます。
この頃歯並びが凹凸になったり、犬歯が飛び出したりすることもあります。
笑うと歯が降りてこないこともありますし、何よりも虫歯、歯周病になりやすいです。
また、歯肉が腫れたり口臭の原因にもなりますので、早く治療するのがよいでしょう。

下の写真の例は犬歯が飛び出してしまっています。
治療をし、犬歯が納まり咬み合わせもよくなりました。
八重歯


歯周矯正
30才から40才にかけて歯周病にかかり始めます。40才代の80%が歯周病だという統計もあります。歯周病は免疫力の低下(老化)が大きな原因ですが、歯並びの悪いことも原因となります。その様な場合、歯周病の処置と同時に矯正治療を行う必要があります。

下の写真の例では、歯茎が全体的に腫れてしまっています。
治療を行い、歯茎が引き締まり健康になりました。
歯周矯正
子供の矯正治療について
子どもの矯正(小児矯正)は、ヨーロッパをはじめ欧米では古くから取り入れられている治療方法です。
小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療です。とくに1期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子さまだからこそできる治療です。
このことでなるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もありますし、多くの場合、部分的な歯列矯正で済んでいます。
また、矯正器具の色を自由に選んだり、目立たない矯正装置などをご用意し、楽しみながら歯並びの治療を受けられるように心がけています。

小児矯正の治療時期の目安
1期治療(骨格矯正)・・・3歳~12歳
2期治療(歯列矯正)・・・10歳~成人
※理想的な治療開始時期は歯並びの問題によって大きく異なります。